休日登山日記

kyuujitun.exblog.jp

九州の山々

ブログトップ

タグ:大分の山 ( 8 ) タグの人気記事

由布岳へ親子登山


     4月16日は娘も休みと言うことで由布山麓のキスミレも見たかったので
     由布岳へ登ることに。
     娘は2日前の14日は、久住山へ初めてソロで登ったばかりでした。
     午前4:00過ぎに自宅を出発。
     6:00前に正面登山口へ到着。
     湯布院の街は名物の朝霧に覆われています。
b0277008_18564789.jpg


     早速、準備をして登山開始です
b0277008_19002316.jpg


     日の出の時刻も早くなりましたね。
b0277008_19011389.jpg


     娘は初めての日向山の自然観察路・東登山口方面から登ります。
b0277008_19014030.jpg


     苔むしたルートで私たちだけの静かな山道となりました
b0277008_19031440.jpg


     土栗の説明をすると、指でプッシュ。遊んでいました。
b0277008_19040511.jpg


     途中で購入した蒸しケーキで腹ごしらえです。
b0277008_19050482.jpg


     長いルートを歩いてきて、ようやく鎖場です。
     鎖場の登り方をレクチャーしてチャレンジです。
b0277008_19062454.jpg


     意外に鎖場を軽々とクリヤーしていきます。
b0277008_19073445.jpg


     東峰到着です。娘は、3回目かなぁ。
     でも、ガスガスです。
b0277008_19081316.jpg


     腹ごしらえして、ガスの晴れるのを待ちます。
     しばらくすると、西峰が姿を現してくれました。
     まだ登ったことのない西峰の鎖場ですが、登る・登らないの意見交換。
     娘はチャレンジすると決定。
     先行者の姿も見えたので、ルートの説明をしてトライです。
b0277008_19091582.jpg


     私のルートを参考に手足の位置を確認しながら慎重に歩を進めます。
b0277008_19121807.jpg


     無事、西峰制覇です。
     多くの登山者がいらっしゃったので、標識のみで(笑
     今度は、御鉢巡りをするかどうかで。
     今日は無理せず下山することで決定です。
b0277008_19141080.jpg


     この日出逢った花たち
     筑紫猩々袴(ツクシショウジョウバカマ)
b0277008_19451829.jpg


     次郎坊延胡索(ジロボウエンコサク)
b0277008_19462140.jpg


     山延胡索(ヤマエンコサク)
b0277008_19470188.jpg


     黄菫(キスミレ)
     絶滅危惧種です
b0277008_19494995.jpg


     しかしここでは、そう感じさせない位
     黄色の絨毯が一面に広がっていました
b0277008_19504787.jpg


     千本槍(センボンヤリ)
b0277008_19514978.jpg


     目線を変えると違った感じですね。
     黄菫と一緒に沢山開花中です
     踏まない様に歩くのに苦労しました。
b0277008_19522603.jpg


     二輪草はこれからですね
b0277008_19541335.jpg


     甘菜(アマナ)
b0277008_19544487.jpg


     愛媛菖蒲(エヒメアヤメ)
b0277008_19551476.jpg

     殆どが今年初見の花たちです。
     娘は相変わらず、花には興味なく車で休憩中でした。

     熊本地震からちょうど一年。
     ここ湯布院でも大きな被害が出ていたことを思い出します。
     こうして山登を楽しむ事が出来ることに感謝の気持ちを忘れない様にしたいと思います。
[PR]
by kyuujitunituki | 2017-04-17 20:01 | 由布岳 | Comments(11)

     20日は、先日の代休と言うことで休みを頂き、九重・大船山の紅葉鑑賞を
     目的に自宅を3:30に出発、男池駐車場に5:15に到着。
     まだ早いので、車の中でひと休みして6:00に出発しました。
     協力金100円を支払い、登山届を出していきます。
b0277008_19041608.jpg


     45分程でソババッケ到着。
     朝日に照らされて紅葉が赤くなっています。
b0277008_19073392.jpg


     月と山のコラボ
b0277008_19090242.jpg


     かくし水から上は少しずつ色づいてきていました。
     見ごろは、来週辺りでしょうか?
     ソババッケは、殆ど紅葉は見れません。
b0277008_19100446.jpg



b0277008_19112530.jpg


     先ずは、ソババッケから大戸越へ向かいます。
     意外に良い紅葉が楽しめて、時間も遅れ気味になりました(笑
b0277008_19114233.jpg



b0277008_19130311.jpg



b0277008_19131719.jpg



b0277008_19133364.jpg


     木立の間から朝日が差し込んで来ました。
b0277008_19141831.jpg


     こんな落ち葉も大好きです
b0277008_19145610.jpg


     このコースは、登山者も少なく静かな山歩きが出来ます。
b0277008_19153241.jpg


     大戸越到着。
     誰もいません独り占めの世界です(笑
     6月に来て以来の平治岳。
b0277008_19162836.jpg



     季節外れのミヤマキリシマ鑑賞が出来ました。
b0277008_19172006.jpg


     北大船山へ進んでいきます。
     こちらでも紅葉が楽しめます。
b0277008_19183521.jpg


     英彦山の山容も実に立派です。
     11月には、娘と歩く予定です。
b0277008_19194447.jpg


     坊がづるのテントも平日なので少ない様ですね
b0277008_19204691.jpg


     今日は視界も良好で、由布・鶴見岳も良く見えます。
b0277008_19213031.jpg


     北大船山を過ぎると、大船山の紅葉が見えてきました。
b0277008_19221661.jpg


     米窪の稜線もいい感じに染まっています。
b0277008_19232116.jpg



b0277008_19252260.jpg


     男池登山口から約3時間で山頂へ到着。
     10日前とは違って、これぞ紅葉と色づいていました。
     この時は、曇りの天気。
b0277008_19254266.jpg


     阿蘇五岳もいい感じで、中岳の噴煙も見えません。
b0277008_20011274.jpg


     傾・祖母山系も絶景です。
     しばらく写真を撮って、晴れを期待して池へ降ります。
b0277008_20020528.jpg


     池へ降りる途中、陽射しが差し込んで来ました
b0277008_20032042.jpg


     池のほとりで我が師、「い~さん」(大先輩ですが、そう呼んでくれと言われてます)と遭遇。
     嬉しい再会となりました。
b0277008_20043260.jpg


     同じような写真が続きます。
b0277008_20063350.jpg


     風があるので湖面の紅葉はいまいちです。
b0277008_20070201.jpg


     晴れたり曇ったりと紅葉の色合いも変わります。
b0277008_20075206.jpg



b0277008_20093558.jpg


     九重連山を小型飛行機が旋回しています。
     先端には、カメラらしきものがついています。
     い~さんの話だとNHKのクルーが来年用の百名山の取材に来ているよそうです。
b0277008_20100824.jpg


     い~さんとお話して私がこれから風穴周りで下山するとお話したところ、
     ご一緒していただけると言うことで、嬉しい山行の始まりとなりました。
     黒岳方面の紅葉。今年は今のところ色づきは良くないようです。
b0277008_20124287.jpg


     昨年見かけたトリカブトの所へ寄りましたが
     終焉の一輪だけ見ることが出来ました。
b0277008_20150714.jpg


     ヤマボウシの実がまだしっかりと付いていました。
b0277008_20161411.jpg


     流石、健脚です。
     連日歩かれているのに疲れを感じさせない山男
     体力的にも敬服いたします_(._.)_
b0277008_20170531.jpg


     後半は、駐車場までずっとおしゃべりしまくり(笑

     何時もはソロで静かに歩くのですが、楽しくいろんなことを教えて頂き、

     本当にこの出逢いを山の神様に感謝の山行となりました。

     下山後、おいちゃん家で鴨の炭火焼きをご馳走になりありがとうございました。

     今度は、お土産持参でゆっくりご自宅に寄らせて頂きたいと思います。

     こちらの週末は、雨予報ですね。

     皆様、良い週末をお過ごし下さい。

     鳥取を中心とした地震が本日発生しました。

     大きな被害等が出ませんように!

     そして、余震も続いているようです。

     身の安全を第一に、ご注意下さい!


[PR]
by kyuujitunituki | 2016-10-21 20:31 | 九重連山 | Comments(12)

     本日20日は代休を頂き、再び九重・大船山御池へ行ってきました。
     今年もここは良い紅葉ですね。
     写真を撮り過ぎたので、整理に時間がかかります_(._.)_

b0277008_18013063.jpg


     御池では、うれしい出逢いもあり、楽しい山行となりました。

     しばらくお待ち下さい。
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-10-20 18:04 | 九重連山 | Comments(4)

     連休2日目は、気になる御池の紅葉偵察へ。
     自宅を4:30過ぎに出発。
     6:30に長者原へ到着、駐車場は沢山の車でいっぱいでした。
     早速、準備をして雨ヶ池経由で坊がづるへ向かいます。
     天気は最高ですね。
b0277008_19375062.jpg


     三俣山も素晴らしい山容。
     大鍋・小鍋の紅葉も気になりますね。
b0277008_19411867.jpg


     40分程で雨ヶ池到着。
     気持ちイイ青空が広がります。
b0277008_19423233.jpg



b0277008_19432009.jpg


     坊がづるには多くのテントが見えますね。
b0277008_19434349.jpg


     光と影。苔の緑が映えますね
b0277008_19442650.jpg


     距離は長いのですが、好きなコースです。
b0277008_19451753.jpg


     今年は、最近まで高温が続いたので苔も生き生きしています
b0277008_19454955.jpg


     白口岳等の稜線もいつも以上にイイですね
b0277008_19464461.jpg


     昨夜は、素晴らしい星空が広がっていたことでしょう
b0277008_19480006.jpg


     避難小屋で少し休んでいたら、若い男女のペア見えたので少し話をさせて頂きました。
     今年から、山登りを始められたということで良い思い出を作ってくれたらと思いました。
b0277008_19490867.jpg


     長者原から3時間半ほどで山頂到着です。
     段原も山頂も登山者で大賑わいです。
     今日は雲海が広がりこれもまた登った甲斐がありました。
     由布岳の双耳峰も見れ隠れしてます。右側は、鶴見岳でしょうか?
b0277008_19520424.jpg


     気になる御池の紅葉は、こんな感じです(笑
     今年は、かなり遅い感じですね。
     昨年は10月13日には綺麗な紅葉が見れたのに!
b0277008_19544865.jpg


     下に降りようかとも思いましたが、水が多いので辞めて
     山頂の端で、コーヒーを頂き大休止としました。
b0277008_19572376.jpg


     避難小屋でお会いした男女の方も登って来られたのでしばらく山の説明。
     これから、自分なりの山の楽しみ方を見つけてもらいたいと思いました。
b0277008_19595760.jpg



b0277008_20015349.jpg


     阿蘇五岳も今日は多少静かにしてくれているようです。
     真ん中の水蒸気が見えているのが先日噴火した中岳です。
     このまま、沈静化に向かって欲しいものです。
b0277008_20021337.jpg


     40分程休んで下山開始。
     坊がづるから大船山を望む。
b0277008_20043572.jpg


     山頂から約3時間で無事、長者原に戻って来ました。
     硫黄山も静かにしてくれているようです。
b0277008_20053474.jpg


     ここからは、今日見かけた妖精たちです。
b0277008_20065275.jpg


b0277008_20072966.jpg


b0277008_20074060.jpg


b0277008_20075187.jpg


     これは、虫こぶです。
b0277008_20080306.jpg


b0277008_20083337.jpg


     今年初見のマツムシソウです。
     終わっていたかと思っていましたが、待っていてくれました。
b0277008_20084331.jpg


b0277008_20094372.jpg


b0277008_20095563.jpg


      気になっていた九重の紅葉偵察と称して、ざっくり歩いてきましたが

      やはり猛暑の日が続き、先日まで気温も高く色づきは遅いようですね。

      これからの、色づきに期待したいと思います。

      今回も無事山登りが出来、紅葉の状況も確認でき

      新たな出逢いもあり、有意義な連休を過ごすことが出来ました。

      九州もようやく紅葉を楽しめる秋到来となりそうです。

      PS
      遠征からお帰りになるころには、こちらの紅葉も楽しめるのではないでしょうか!(^^)!
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-10-11 20:19 | 季節だより | Comments(14)
     9月11日は、登山解禁となった由布岳にようやく登ることが出来ました。
     5:45に正面登山口に到着。直ぐに準備してストレッチしながら進んでいきます。
     何とか朝焼けのシーンに出逢えました。
b0277008_19390018.jpg


     初めは、薄暗い樹林帯を進んでいきます。
     依然と変わらない登山道にひと安心。
b0277008_19420250.jpg


     30分程で合野に到着。
b0277008_19431025.jpg


     この辺りから赤松が多くなります。
     歩を進めながらマツタケが無いかなぁと思うのですが見つけられず。
b0277008_19450978.jpg


     中腹から望む、湯布院町の朝霧です。
b0277008_19462475.jpg


     マタエ手前の登山道もほとんど以前と変わらないようです。
     整備していただいたのでしょうね。
b0277008_19470522.jpg


     マタエ直下の所も問題なしのようです。
b0277008_19485039.jpg


     飯盛ヶ城も緑が映えます。
b0277008_19493285.jpg


     マタエで少し花撮して、先ずは西峰へ
     鎖場が見えてきました。
     岩もしっかりしているので鎖は使わず、手足を使って登っていきます。
b0277008_19503073.jpg


     次の鎖場も問題なし。
     勿論、鎖は使いませんよ。
b0277008_19520409.jpg


     先ほどの鎖場を超えたらこちらが待っています。
     赤い線の様に左から右の方へ進んでいきます。
     ここでも鎖は使用せず、岩の状況を確認するため手足を使って進みます。
     ある程度の高度感も楽しめるので、この山の楽しみのひとつです。
     地震が起きた後に聞いたところ、鎖場が崩壊しているのではと聞いていましたが
     以前と変わらずでした。但し、油断大敵ご注意下さいね。
b0277008_19524615.jpg


     そして、西峰到着です。
     由布岳は双耳峰なので御鉢をグル~と回って東峰へ進んでいきます。
b0277008_19562768.jpg


     御鉢を周っている時、ガスが晴れて大分自動車道と内山方面が見れました。
b0277008_19573993.jpg


     こんな岩場も乗り越えてきました。
b0277008_20002984.jpg


     途中、オオヤマレンゲの種子を確認。
     来年は、貴婦人と逢えますように!
b0277008_20010560.jpg


     左に西峰そこから左回りに進んで来ました。
b0277008_20021306.jpg


     鶴見岳の素晴らしい稜線も見れました。
     気持ち良い秋風が吹き抜けていきます。
b0277008_20030271.jpg


     左に東峰、右に西峰を望みます。
     西峰側に2か所の爪痕が確認できます。
b0277008_14060089.jpg


     東峰手前の今にも崩壊しそうな岩場を進まなくてはなりません。
     細心の注意を払いながら東峰へ向かいました。
b0277008_20064240.jpg


     東峰到着です。
     気持ちイイ秋風を感じることが出来ました。
     午後からは、雲がかかる予報ですので下山しましょう。
b0277008_20091389.jpg


     夏と比べると差し込む日差しもなんとなく優しい光です。
     あと、1ヵ月もすると紅葉で埋め尽くされることでしょう。
b0277008_20245450.jpg


     久しぶりの由布岳、好天にも恵まれ秋風を感じながらの
     山行となり、感謝の一日でした。
b0277008_20272542.jpg


     ここからは、本日出逢った花たちです。

     ホソバノヤマハハコ
b0277008_20292217.jpg


     イヨフウロ
b0277008_20294835.jpg


     アキノキリンソウ
b0277008_20301033.jpg


     まだ残っていたシモツケ
b0277008_20304178.jpg


     ヨメナ
b0277008_20311817.jpg


     終焉のシオガマギク
b0277008_20313953.jpg


     ヤマラッキョウの蕾
b0277008_20320422.jpg


     オトギリソウ
b0277008_20323101.jpg


     本日逢いたかった、タンナトリカブト
     私には、烏帽子に見えてしまいます。
b0277008_20325755.jpg


     コウゾリナ
b0277008_20340326.jpg


     見つけてくれる方を待っていたホタルブクロ
b0277008_20342612.jpg


     実は、由布岳とは天候で相性が悪い山でしたがここ数年で一番の好天に恵まれ

     初秋の由布岳を堪能できました。

     マタエまでの登山道はボランティアの方のおかげで問題なく地震前と変わらない感じでした。

     但し、御鉢廻りでは数か所危険を感じる岩場がありましたので無理をされないことをお薦めします。

     特に東峰から東登山口との合流点の所はかなり岩がずれていたので、その場で地震が来たらと

     思うと危険だなと思いました。

     山登りは、安全第一が最大の目的です。

     これからも、安全第一を心がけて大自然を楽しませて頂こうと思います。
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-09-12 20:55 | 由布岳 | Comments(10)

     今年2月に登って以来の由布岳へ。

     8月6日に登山解禁となりようやく由布岳へ行く機会が出来ました。
     予報は、曇りでしたが予報以上に良い天気となり秋風の吹く中
     気持ち良い山歩きを堪能してきました。
     大焼けにはなりませんでしたが、この朝焼けも良いものです。
b0277008_14054974.jpg


     御鉢も回って危険個所等の確認もできました。
b0277008_14060089.jpg


    午前11:00前には下山。
    秋風の吹く青空の元、由布岳を堪能させて頂きました。

b0277008_14061160.jpg


    やっぱり、山は良いものですね。

    写真の整理が出来ましたら、アップしま~す。

    しばし、お待ち下さいませ・ませ!
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-09-11 14:13 | 由布岳 | Comments(8)

今日は娘と倉木山!


     3日は、娘も休みなので何処か山へ行こうと言うことになり
     天気予報を確認。倉木山に決定しました。
     登山口から約1時間で山頂なので娘も快諾でした(笑
     由布岳はまだ登山禁止、何時もなら由布岳の後に花散策兼ねて登る山です。
     たまに霧雨が降るなか出発です。
b0277008_19451847.jpg


     時折、青空も見えてきます。
b0277008_19493987.jpg


     緩やかな山道を進んでいきます。
b0277008_19511890.jpg


     4月16日の本震の傷跡です。
b0277008_19515362.jpg


     中腹からの湯布院の街並み。
     観光客の方も戻ってきているようです。
b0277008_19524271.jpg


     所々、ヤマアジサイの群生が和ませてくれます。
b0277008_19535542.jpg


     6合目くらいから幽玄の山道に変わって来ました。
b0277008_19552242.jpg


     しばらくすると、山頂まであと10分の所まで来ました。
     娘も、もう山頂とちょっと拍子抜けのようです(笑
b0277008_19560409.jpg


     視界は望めませんが、初登頂を笑顔で記念撮影
     ガスが晴れそうにないので、軽い食事をして下山します。
b0277008_19572004.jpg


     中腹からの由布岳方面。飯盛ヶ城は緑が映えて由布岳の名脇役です。
b0277008_19594310.jpg


     ここからは、この日出逢った花たちです。

     山頂に1本だけ開花していたノハナショウブ
b0277008_20024829.jpg


     ノアザミ
b0277008_20035239.jpg


b0277008_20041745.jpg


     初めて逢った「ホタルガ」
b0277008_20042792.jpg


     ○○ダケ
b0277008_20050043.jpg


     シライトソウはようやく咲き始めのようです。
b0277008_20054146.jpg


     ヤマアジサイ(紫系)
b0277008_20062123.jpg


     ヤマアジサイ(好きな色合い系)
b0277008_20080029.jpg


     ヤマアジサイ(純白系)
b0277008_20085143.jpg


     ホタルブクロ
b0277008_20093020.jpg


     オカトラノオ
b0277008_20095566.jpg


     ウツボグサ
b0277008_20102856.jpg


     キバナカワラマツバ
b0277008_20105454.jpg


     タカトウダイ
b0277008_20112577.jpg


     この日一番の美人さんのヒメユリ
b0277008_20120759.jpg


b0277008_20124681.jpg


b0277008_20130183.jpg


     もう一つの目的
     朝日に輝くカキラン
b0277008_20131551.jpg


b0277008_20134811.jpg


     コバキボウシ
b0277008_20140218.jpg


     蒸し暑い一日でしたが、久しぶりの親子登山でした。

     娘は依然として、花には興味が無いようですので時間をかけての花散策はできませんでしたが

     ゆっくり歩いたので疲れも残らず、目的のヒメユリ・カキランにも出逢えました。

     ヒメユリは今朝開花したばかりではないかと思うほど綺麗な花弁でした。

     ここまで綺麗なヒメユリは初めてかもしれません。

     カキランは、藪をかき分けながら昨年と同じ場所付近を捜してようやくご対面出来ました。

     カキランを下からのぞき込むと人の顔のように見えてしまします(笑

     由布岳への登山はまだまだ先になりそうです。

     今回も良い山行となり、感謝いたします_(._.)_
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-07-04 20:31 | その他の山々 | Comments(10)

妖艶な花!


     今日は、娘と大分の山へ
     天気は、いまいちはっきりしませんでした。
     その中で、一年ぶりの再会。
b0277008_14313878.jpg


     妖艶な花と逢えました。

     写真を整理して、なるべく早くアップします。
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-07-03 14:35 | その他の山々 | Comments(6)