休日登山日記

kyuujitun.exblog.jp

九州の山々

ブログトップ

カテゴリ:福岡の山( 7 )

今朝の山々


     今朝の移動中の山々達

     脊振山系
b0277008_18534865.jpg


     宝満山方面
b0277008_18542244.jpg


     古処山方面
b0277008_18544843.jpg


     1,000mに満たない山々ですが、昨夜の雨は雪になったようです。

     薄化粧をした、近隣の山々達です。

     今週末も冷え込む予報です。

     皆様、風邪などひかれませんように!
[PR]
by kyuujitunituki | 2017-01-17 18:57 | 福岡の山 | Comments(6)

     11月の山登りは、親子登山で幕開けです。
     3日は、娘希望の日本三大霊山のひとつ英彦山へやって来ました。
     7:00に別所駐車場へ到着。
     準備をしてゆっくりスタート
     鳥居の前で一礼して階段を登っていきます。
b0277008_20481823.jpg


     参道も少しづつ色づいてきています
b0277008_20512317.jpg


     奉幣殿でご挨拶。
     本殿前では、護摩行の準備中でした
b0277008_20520374.jpg


     お二人の山伏の方が本殿に奉納。
     法螺貝の音に送られて入山します。
b0277008_20534361.jpg


     玉屋神社へ進んでいきます。
     杉林が壮観です
     娘は、3度目の英彦山。初めてのコースになります
b0277008_20550611.jpg


     しばらくすると、玉屋神社到着です。
     こちらでも、お参りしていきます。
b0277008_20563819.jpg


     時折見える山並みがいい感じです
     右側には、鬼杉の折れた先端が見えます
b0277008_20580721.jpg


     鬼杉手前の鎖場で娘は四苦八苦していました
b0277008_20585636.jpg


     二か所の鎖場を下ります。
b0277008_20594100.jpg


     こんなところも潜り抜けていきます
b0277008_21010394.jpg


     鬼杉、到着。
     ここで撮影と小休止
     樹齢1,300年と言われています。幹の周りは約12m
b0277008_21022339.jpg


     マムシグサも良い色になっています
b0277008_21045914.jpg


     小休止して、南岳へ進みます
     苔がいい感じで、癒されます
b0277008_21054419.jpg


     材木石付近から本格的な紅葉が見れるようになりました
b0277008_21070851.jpg


     これが材木石です
b0277008_21081446.jpg


b0277008_21085535.jpg


     紅葉をしばし堪能
b0277008_21091022.jpg


b0277008_21094984.jpg


b0277008_21100083.jpg


b0277008_21101711.jpg


b0277008_21103864.jpg


     そうこうしている間に、南岳ももう直ぐです
b0277008_21105367.jpg


     南岳手前の鎖場です。
     鎖は使用せず登ります
b0277008_21114190.jpg


b0277008_21123686.jpg


b0277008_21131320.jpg


     南岳到着。
     英彦山最高峰1,199mです。
b0277008_21134621.jpg


     天気も良く、上宮もいい感じですね。
     登山者も多いようですね
b0277008_21144759.jpg


     鞍部の色付きも良いですね
     上宮でお参りして風が強いので上宮南側で風をよけながら昼食を取りました。
     今日は、北西尾根を通って下山します。
b0277008_21161410.jpg


     立ち枯れの樹も画になります
b0277008_21184263.jpg


     こちらの紅葉も良いですね
b0277008_21193633.jpg



b0277008_21201726.jpg


b0277008_21203581.jpg


b0277008_21205068.jpg


     滑りやすい急坂で四苦八苦中
b0277008_21211074.jpg



b0277008_21215778.jpg


     13:15に別所駐車場へ到着。
     冷たい風が強かったですが、気持ち良い紅葉歩きが出来ました。
     娘は、今日は色々あって楽しかったと言っていました。
     次回の親子登山は冬山となるでしょう。

     九州北部の山々の紅葉も最盛期となり、天気も良く素晴らしい一日となりました。
     本日も素晴らしい山歩きが出来、霊山・英彦山に感謝の一日となりました。

     何という花でしょうか?
     初めて見た花です。マクロを持参しておけばと後悔です。
     南岳へ向かう途中で見かけました。
     近くには、タチツボスミレも1輪咲いていました。
b0277008_21303652.jpg


     sanpo様、早速のお答えありがとうございます_(._.)_
     「ツルアリドウシ」蔓蟻通と言うアカネ科の常緑多年草だそうです
     通常、6月下旬ごろに開花する花のようですがやはり気候がおかしいですね。
     花の長さは約10㎜程度と小さくたまたま見つけました。
     新しい花を見つけるとよりうれしいですね。
b0277008_21310055.jpg

[PR]
by kyuujitunituki | 2016-11-03 21:34 | 福岡の山 | Comments(12)

     10月9日は、明け方まで雨が残り、ゆるい出発となりました。
     登山口駐車場に着いたのは10:00過ぎ、早速準備していきましょう。
     駐車場は、予想外の車の数でした。
     因みに、今回の風景撮りは、ニコイチでの撮影になります。
b0277008_17441273.jpg


b0277008_17471316.jpg


     ずっと苔むした道が続きます。
     何故か、宇多田ヒカルの曲を八ヶ岳に登った気分で口ずさんでました(笑
b0277008_17475717.jpg


     山頂も沢山の人で埋め尽くされていました。
     前回、夏に登った時は撮影もあったので2時間半ほどかかりましたが
     今回は1時間半、ようやく秋風を感じながら気持ち良く登ることが出来ました。

     宝満山方面
b0277008_17492595.jpg


     英彦山方面
b0277008_17532036.jpg


     山頂で食事をして、帰りは峰入り古道を通って帰ります。
b0277008_17540983.jpg


b0277008_17553034.jpg


b0277008_17554849.jpg


b0277008_17561862.jpg


b0277008_17563119.jpg


b0277008_17574123.jpg


     一輪だけ見つけた終焉のシュウメイギク
     10年前にはたくさん見れました
b0277008_17580022.jpg


b0277008_17584678.jpg


     カタツムリの赤ちゃん?
b0277008_17592715.jpg


b0277008_18000685.jpg


b0277008_18001821.jpg


     アケボノソウ3枚バージョン
b0277008_18003920.jpg


     3枚と4枚バージョン
b0277008_18011049.jpg


     一般的な5枚バージョン
b0277008_18014177.jpg


     6枚バージョン
b0277008_18022292.jpg


     アケボノソウの4~6枚は見たことはありましたが、初めて3枚を見つけました。
     話によると、7枚バージョンもあるようです。
     いつの日か、出逢うことがあれば良いな~と思っています。

     短時間でしたが、気持ちイイ秋風を感じながらの山歩きが出来たことに感謝です。

     やはりデジイチの画像を見慣れているので、ニコイチでは物足りなさが・・・。

     良い相棒になるように、使い方を考えましょう。
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-10-10 18:10 | 福岡の山 | Comments(2)

     今日も朝から暑いので少し早めに行ってきました。
     お目当ての「ナツエビネ」にも逢えて短い時間でしたが山歩きをしてきました。

     普通なら嫌われ者のカメムシ君。
     ツゲの原生林の中に沢山いましたよ。

     我「ニシキキンカメムシ」と申します。
     4回の脱皮を繰り返し、5齢目の姿です。
     今日も元気に玉虫色に輝いています。
b0277008_17021902.jpg


     触っても臭くはありませんのでどうぞ宜しくです。

     今日は親の手伝いの為、10:00には帰宅しなくてはならないので
     写真もありませんでしたのであしからず。
     暑い中での除草作業大変でした。
     滝の様に汗が流れ、今夜はビールを美味しくいただきます🍻
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-08-21 17:09 | 福岡の山 | Comments(6)

       7月24日 蓮池での撮影を切り上げ、本覚寺登山口へ
       予定より30分遅れで駐車場へ到着。
       直ぐに準備・体をほぐしながら出発です。
       この時点で私の車を含めて4台でした。
b0277008_13060471.jpg


       この日は、風もなく朝から蒸し暑い林道を進んでいきます。
       このコースは、沢沿いに進むので本来なら涼みながら歩けるのですが
       今日は勝手が違うようです。
b0277008_13083478.jpg


       今年の梅雨の時の大雨でかなり登山道は荒れていますね
b0277008_13103994.jpg


       直ぐに朝日が差し込んできました。
b0277008_13114592.jpg


       だんだんと荒れた山道に変わってきました。
b0277008_13121564.jpg


       本来石の上を歩いて渡りますが、臨時の橋が架かっていました。
       流木が流れてきた用です。
b0277008_13125214.jpg


      この地点は、いつでも山道が沢状態になっています。
      たまに、サワガニがいることも
b0277008_13141581.jpg


      5合目駐車場(左上)下の橋は土石流で崩壊、5合目への林道は通行止めです。
      ここの橋では、一番最初に咲く「サバノオ」を見るのが楽しみでしたが
      この状態では、来年は難しいそうです。
b0277008_13151861.jpg


      ここから先も、かなり大きな石が堆積しています。
b0277008_13175100.jpg


      何時もこの辺りからキツネさんが見れる場所でしたが・・・。
      この斜面が崩壊したのが原因のようですね。
b0277008_13183041.jpg


      ようやくキツネさんの姿が。
      途中、スライドした男性の方に今日はオオキツネノカミソリは見ごろですよと
      教えて頂きました。ありがとうございました_(._.)_
b0277008_13201081.jpg


      オオハンゲも数多くありました。
b0277008_13214865.jpg


      水舟を過ぎた辺りからの群生。
b0277008_13221625.jpg


      マクロで撮ってみました。
b0277008_13233678.jpg


      ツゲの原生林を過ぎて、奥の院へ向かいます。
b0277008_13243365.jpg


      ここは、凄い冷気が噴出していました。
      おそらく、10度以下ではないかと思えるほど。
      落ちない石も健在です
b0277008_13252343.jpg


      ザックをデポして奥へ入っていきます。
      汗で濡れているので10分も入っていられません。
b0277008_13264180.jpg


      奥の院まで来た理由はこの花を見る為です。
     「ギンバイソウ」
b0277008_13281610.jpg


b0277008_13290929.jpg


     倉木山では、見れなかったので見れて良かった。
     sanpoさんの情報のおかげです_(._.)_
b0277008_13292360.jpg


     多くのギンバイソウが開花中でした。
b0277008_13302624.jpg


     今日の目的は終わったし、とにかく蒸し暑いので山頂を通って下山します。
     山頂からの眺望は、霞んで良くないですね
b0277008_13311773.jpg


     梨の原種も実を付けていましたので秋の試食が楽しみです。
b0277008_13322441.jpg


b0277008_13393454.jpg


     ここからは、本日であった花たちです。
     オオキツネノカミソリ
b0277008_13331968.jpg


     キラキラした花弁ですね
b0277008_13340878.jpg


     ここの1株だけ朱色の濃い色合いでした
b0277008_13475333.jpg


     ハグロソウ
b0277008_13343711.jpg


     オオカモメヅル
     オオと言っても花の大きさは5㎜程度です
b0277008_13350884.jpg


     おなじみのマムシグサ
     夏バージョン
b0277008_13355811.jpg


     花火線香みたいで好きな花です
     シギンカラマツ
b0277008_13363943.jpg


b0277008_13380138.jpg


     クサアジサイ
b0277008_13373027.jpg


     ウバユリ
b0277008_13381842.jpg


     鳥さんの落としもの
     綺麗な色合いだったので撮ってみました。
     何という鳥の羽でしょうね
b0277008_13383909.jpg


     本日は、雲台を別のカメラにつけたままで忘れてしまいました。
     マクロレンズには手振れ補正もついていませんので花の写真はブレているものがありますので
     広い心で見てやって下さい。
     酸欠状態になりながら撮った写真です(笑

     気温も高く、蒸し暑い山登りとなりましたが
     夏の花の清涼感に癒されながら新・花の百名山歩きが出来ました。
     低山ながら四季折々の花散策にはもってこいの場所です。
     来月にはもう一度訪れて、ある花を散策したいと思います。
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-07-25 13:57 | 福岡の山 | Comments(17)

     5月15日は、昨年からの宿題だった峰入り古道の一部である
     釈迦ヶ岳~岳滅鬼山を歩いてきました。
     とにかく暑い日、我が家でも真夏日を記録したようです。

     筑前岩屋駅でトイレをお借りします。
b0277008_22293509.jpg


     斫石トンネルの釈迦ヶ岳登山口からスタートです。
     トンネルを抜けるとそこは登山口だった
b0277008_22342303.jpg


     登山口はここからです。
     この時点で車は私の一台のみでした
b0277008_22350129.jpg


     左中央部の登山口から釈迦ヶ岳~岳滅鬼山~浅間山~釈迦ヶ岳~登山口へのルートです。
b0277008_22355465.jpg


     スタートは杉林を抜けていきます。
b0277008_22371815.jpg


     どなたの作品でしょうか?
b0277008_22375004.jpg


     少し上ると、かなりの急登。地震が起きないことを頭の隅に置きながら登ります。
b0277008_22383394.jpg


     10分程で大日ヶ岳と釈迦ヶ岳の分岐です。本日は右へ進みます。
b0277008_22392833.jpg


     峰入り古道の標識が沢山ありました。
     このまま進むと英彦山へ行けます。
b0277008_22404201.jpg


     かなりの急登、早くも汗が出始めました
b0277008_22413897.jpg


     尾根に出ると気持ち良い風が吹き抜けていきます。
b0277008_22421181.jpg


     ほどなく、釈迦ヶ岳山頂到着
     奥には、英彦山が確認できます。
b0277008_22425082.jpg


     素晴らしい稜線が大パノラマとして見ることができます。
b0277008_22435652.jpg


b0277008_22443511.jpg


b0277008_22444995.jpg


     距離も長いので、ゆっくり先へ進みます。
b0277008_22450475.jpg


     このルートのこの時期はギンリュウソウが山道を飾ります。
     こちらは、終焉に近い感じですね
b0277008_22454470.jpg


b0277008_22470421.jpg


     椿の実ですね。
     花と実を同時につけている状況でした。
b0277008_22472084.jpg


b0277008_22482102.jpg


b0277008_22483388.jpg


     ヤマフジもまだ少し残っていました
b0277008_22485088.jpg


     ハイノキも終焉のようです
b0277008_22491823.jpg


     深倉越を過ぎると紅葉の新緑が綺麗でした。
     ここで初めて、一人の男性とスライドしました。
b0277008_22494976.jpg


     山頂までもう少しです
b0277008_22512744.jpg


     山頂で記念の1枚。
     誰もいませんね。
b0277008_22520005.jpg


     少しだけ、ツクシシャクナゲが待っていてくれました。
b0277008_22524669.jpg


     英彦山中岳(左)と南岳(中央)と北岳(左)です
b0277008_22532861.jpg


     一番いい感じのハイノキ
b0277008_22542733.jpg


     幽霊さんの正体見たり
b0277008_22550344.jpg


     浅間山山頂の三角点
b0277008_22553433.jpg


     ツクシタニギキョウ
b0277008_22560371.jpg


     ギンリュウソウご一家勢ぞろい。
     この山の幽霊さんは、他の山のと比べるとひと回り大きい感じですね。
b0277008_22562427.jpg


     何という樹の花でしょうか?
b0277008_22574635.jpg


     休憩含めて約7時間の山行。
     無事下山しました。車は6台に増えていました。
b0277008_22581609.jpg


     初めてのルートでしたが、なかなかハードなルートでした。
     距離は約14Km位ですが、九重と比べるとアップダウンも多くなかなか歩き応えのある山行となりました。
     次回は、大日ヶ岳へも足を延ばしたいのと、紅葉の時期に歩きたい山となりました。

     今回は、花撮も少なく樹林帯の中を歩くルートでしたので展望も少なかったのですが
     時折見える大分・福岡の山並みが素晴らしく気持ちよく歩けるルートだなぁと思いました。

     そろそろ九重のミヤマキリシマとイワカガミが気になりますので、余震に注意を払いながら九重の山を歩こ     うと思っています。
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-05-16 23:07 | 福岡の山 | Comments(6)

娘を連れて、井原山!


     子供の日の5日に娘を連れて、井原山へ。
     今日は、娘の希望で井原山へ行ってきました。
     7:00前に登山口に着きましたが、キトク橋の駐車場はほぼ満車。
     準備をして、今日も笑顔で出発です。
b0277008_21142208.jpg


     直ぐに、オドリコソウの群生です。
b0277008_21180064.jpg


     林道には、朝日が差し込んで来ました。
b0277008_21184238.jpg


     一昨日の雨でかなり増水しています。
b0277008_21192692.jpg



b0277008_21202025.jpg


     水無分岐方面へ進みます。
b0277008_21203811.jpg


     急登にかなりヘタレ気味です(笑
b0277008_21211205.jpg


     尾根に出ると気持ち良い風と日差しが気持ちよく体を通り抜けていきます。
b0277008_21221074.jpg


     山頂手前からは、コバノミツバツツジがお出迎えです。
b0277008_21231559.jpg


     山頂直下の最後の坂道を登っていきます。
b0277008_21281443.jpg


     娘、初の山頂です。
     この日は、多くの方が登られています。
b0277008_21290581.jpg


     霞んでいますが、まあまあの眺望です。
b0277008_21295631.jpg



b0277008_21303645.jpg



b0277008_21310753.jpg


     ○○スミレ
b0277008_21312705.jpg


     タニギキョウ
b0277008_21314243.jpg


     ラショウモンカズラ
b0277008_21324404.jpg


     ヒメレンゲ
b0277008_21341634.jpg



b0277008_21343923.jpg


     こんな感じで渡っていきました(笑
b0277008_21345793.jpg



b0277008_21360021.jpg


     終焉のシャガ
b0277008_21361942.jpg


     今日は、娘の希望の山で井原山でした。

     仕事を初めて少々疲れ気味と言うことで今日は井原山のみの
     山登りでしたが、天気も良く良い山登りが出来ました。
     次回は、いつ親子登山ができるかわかりませんが機会を
     見つけてまた山へ行ければと思っています。
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-05-05 21:41 | 福岡の山 | Comments(10)