休日登山日記

kyuujitun.exblog.jp

九州の山々

ブログトップ

カテゴリ:南九州の山々( 11 )


     28日は、天気も回復と言うことで、1年ぶりの仰烏帽子山へ。
     五木の子守歌で有名な地域です。

     と、言うことで元井谷登山口へ到着です。
     少し休んで出発です。
b0277008_18205220.jpg


     苔むした岩がお出迎えです。
b0277008_18233903.jpg


     意外にここから登る方が少ないのは、皆さん福寿草目当てなので
     東登山口からの方が多いようですね。
     私は、ここからの登りが意外に気に入っているのです。
b0277008_18243310.jpg


     分岐から先ずは山頂へ向かいます。
     木々の間から日が差し込んで来ました。
b0277008_18262287.jpg


     風もなく、暖かい一日になりそうです。
     青空が映えますね。
b0277008_18272318.jpg


     1時間50分程で山頂まで5分の標識です。
     登山道には、霜が残っていますね。
b0277008_18280616.jpg


     2時間ほどで、山頂到着です。
b0277008_18291488.jpg


     山頂からの展望です。
     一部には霧がかかっていますね。
b0277008_18294952.jpg


     さて、目的の福寿草へ向かいます。
     仏石の福寿草群です。
     雪はありませんが、黄金色に輝いていますね。
b0277008_18302997.jpg



b0277008_18315469.jpg



b0277008_18321038.jpg



b0277008_18322361.jpg


     素晴らしい輝きですね。
b0277008_18323977.jpg



b0277008_18331093.jpg



b0277008_18332674.jpg



b0277008_18334303.jpg



b0277008_18340424.jpg



b0277008_18341968.jpg



b0277008_18343585.jpg


     福寿草鑑賞の後は、東登山口から元井谷登山口へ一般道を歩いていきます。
     東登山口への道路が土砂災害で通れませんでしたが、本日28日から通行可能でしたが
     所々で大きな岩が落下していましたので、皆さん通行の際はご注意下さい。
b0277008_18344992.jpg


     我が家からは350Kmほどの距離があるので、アクセスには苦労しますが、
     今回も福寿草との出逢いや、鹿児島の男性の方・鳥栖市から見えていたご夫婦と
     いろんなお話が出来、次回のヤマシャクヤクの時期の楽しみが増えました。
     熊本の五家荘近隣の山々はアクセスは大変ですが、奥深く・素晴らしい山が沢山あるので
     定年後の山リストが増えそうです。

     時間があれば、久連子へ行きたかったのですが次回の課題としておきましょう。

     今回も天気に恵まれ、素晴らしい山行になり、山の神様にお礼を伝えて無事帰宅しました。
[PR]
by kyuujitunituki | 2016-02-28 19:16 | 南九州の山々
     9月21日シルバーウィークになり、娘と山登りへ

     硫黄山と霧島山の御鉢の火山性微動も気になりますので出発当日まで悩みましたが

     行ってみようということでえびの高原へ向けて20日23:45に自宅を出発

     登山口には3:10に到着。

     すでに数台の車も駐車してあり時間もあったので40分程仮眠を取りました。

     4:10に登山口出発。

     この時、大変な失敗をしていたのです。😢

     約1時間10分程度で山頂到着。

     ご来光を待ちます。
b0277008_18163590.jpg


     私たちの後から登られてきた男性の方に、車のルームライトが点いたままでしたよと
     
     教えて頂きました。お礼を伝え、どうしようか考えます。

     娘が「あっ」と言って覚えがあるような表情へ
     
     数時間は大丈夫だろうから日の出を待ちます。
     
     東の空が赤く染められ始めました。
b0277008_18223398.jpg


     とりあえず、証拠写真を一枚
     一気にガスって視界0の状態
     ガスとルームライトの件で一気に落ち込んでしまっています。
b0277008_18241754.jpg


     今日は、難しいかなと思い下山しようかとザックを背負い後ろを振り返ると
     朝日のベールが幻想的な風景を作り出してくれました。
b0277008_18263597.jpg


     高千穂の峰と新燃岳が幻想的に浮かび上がります。
b0277008_18315312.jpg



b0277008_18320560.jpg


     娘は車のことが気がかりのようで帰ろうと言って下山開始です。
     硫黄山はこの日は静かにしてくれていました。
b0277008_18334678.jpg


     韓国岳を振り返ります。
b0277008_18351273.jpg


     ビジターセンター方面もいい感じです。
b0277008_18352572.jpg


     不動の池
     コバルトブルーが良いですね。
b0277008_18353946.jpg


     ダイモンジソウ
b0277008_18363512.jpg


     キリシマヒゴタイ
b0277008_18371099.jpg


     キリシマアザミ
b0277008_18372173.jpg


     ツクシコウモリソウ
b0277008_18373201.jpg



b0277008_18374122.jpg


     下山後、携帯のメールを見るとご近所の方にご不幸があり今夜が通夜・明日が葬儀と言うことなので

     早めの帰宅となりました。

     慌ただしい山行となりましたが、機会を作り再チャレンジしたいと思います。

     何時も自然や山への感謝を忘れない様に心がけたいと思います。


     今回は、色々あって写真も少な目です_(._.)_

     オマケ

   九州で発売されている唯一の山専門雑誌「のぼろ」に初めて1枚だけ投稿した写真が掲載されました。

   応募者が少なかったのか、選んで頂きありがとうございます。

b0277008_19410886.jpg


   アドバイス頂きました「Capa」様ありがとうございます。

   これからも、山登りと写真を楽しみながら続けていきたいと思います。




[PR]
by kyuujitunituki | 2015-09-23 19:51 | 南九州の山々

     一年ぶりに、行ってきました

     前回は、40代最後の誕生日に行きましたが、今年は先日50代を迎えスタートの山は?と言うことで

     シルバーウィークで娘も休みが取れ、親子登山で韓国岳へ
b0277008_06400777.jpg



     期待した、雲海とご来光とはいきませんでしたが、違った絶景に出逢え思い出の山行となりました。

     ご近所にご不幸があり、バタバタしていますので落ち着いたらアップしたいと思います。

     気長にお待ち下さい。

[PR]
by kyuujitunituki | 2015-09-22 06:46 | 南九州の山々
4月29日は、予報に反して晴れる予報に変わったので終焉のカタクリを見に、雁俣山・京丈山へ向かいました。自宅を4:00に出発、高速で移動二本杉の登山口に6:10に到着。登山口も確認、未踏の山なので車の中でルートの確認。
7:00より登山開始です。
b0277008_194407.jpg


   駐車場から登山口へ
b0277008_19441460.jpg


   国道を横切り小屋の横から登山道へ
b0277008_19445339.jpg


   雁俣山と黒原集落の分岐です。
   行きは左へ進み帰りは右から出てきます。
b0277008_19454160.jpg


   次の分岐は、真っ直ぐ行くと、山頂直登ですが終焉のカタクリを見に左へ進みます。
b0277008_19464687.jpg


   雁俣山のカタクリは予想通り終焉、早朝なのでまだ閉じています。
   来年の楽しみに撮っておきましょう。
b0277008_19515150.jpg


   コガネネコノメソウ
b0277008_1953188.jpg


   タチツボスミレはあちらこちらに咲いていました。
b0277008_19532477.jpg


   30分ほど進むと山頂です。
   霞んではいますが、なかなかの眺望でした。
b0277008_1954476.jpg


   山頂のミツバツツジ
b0277008_1955720.jpg


   ヒカゲツツジは終焉でした。
b0277008_19553113.jpg


   少し休んで、京丈山へ向かいます。
   大きなサルノコシカケが山道にありました。
   大人でも腰かけられそうに分厚いですね。
b0277008_19555960.jpg


   ミツバツツジとブナの新緑と青空
b0277008_19572473.jpg


   グリーンシャワーに癒されて歩を進めます。
b0277008_19575848.jpg


   苔もいい味出してくれています。
b0277008_19583018.jpg


b0277008_2003393.jpg


   この日唯一撮れた鳥さんです。
b0277008_201585.jpg


   登山道には、多くの鳥の羽が落ちていました。
   流石、鳥の山です。綺麗ですね。
b0277008_202157.jpg


   山頂が近づくと私の足が進まなくなりました。
   普通に歩けば15分くらいですが、山頂に着いたのは1時間後でした(笑
   この花、カタクリに引き止められました。
b0277008_202591.jpg



b0277008_204392.jpg


   群生とはいきませんが、良い時期に登ったようです。

   なかなかの見返り美人さんです。
b0277008_204578.jpg



b0277008_2062355.jpg


   白いカタクリ
b0277008_2063956.jpg


   白と薄紫のコラボ
b0277008_207372.jpg



b0277008_2073352.jpg



b0277008_2075082.jpg


   ワチガイソウ
b0277008_208676.jpg



b0277008_2082576.jpg


   ヤマネコノメソウ
b0277008_2084192.jpg


   ナツトウダイ
b0277008_209217.jpg


   ヤマエンコグサ
b0277008_209158.jpg



b0277008_20939100.jpg


   ヤマシャクヤクの花はまだ蕾
   連休終盤に開花でしょうか
b0277008_2095359.jpg


   ヤマシャクヤクの群生です。
b0277008_20104628.jpg


   シロバナネコノメソウ
b0277008_20112261.jpg


   フウロケマン
b0277008_20114924.jpg


   ようやく、京丈山山頂です。
b0277008_20121078.jpg


   金峰山方面
b0277008_20124172.jpg


   ヒメレンゲ
b0277008_20132472.jpg


   切り株と苔
b0277008_20135078.jpg


   そして下山、黒原集落へ抜けていきます。
   手入れをされた民家のミツバツツジ
b0277008_20141442.jpg


   ハート型の花びらミツバツチグリ
b0277008_2015148.jpg


   道のわきに咲いていた、タンポポ
b0277008_20161737.jpg


   今年初めてのカタクリに感激した日となりました。

   熊本まで出かけた甲斐があり一枚だけでも撮れればと思い向かいましたが、
   250枚ほど撮り満足の一日となりました。

   さて、後半のGWにはどこに出かけましょうか。

   また、未踏の山に向けて計画を進めます。

   長いブログにお付き合い頂き、ありがとうございます。
[PR]
by kyuujitunituki | 2015-04-30 20:27 | 南九州の山々
   2月15日 先週、逢えなかった「ミチノクフクジュソウ」を求めて
   懲りずに、仰烏帽子山へ再度チャレンジしてきました。

b0277008_7575641.jpg


   自宅を4:00に出発ノンストップで登山口へ
   6:20に登山口に到着一休みと準備を兼ねて30分程過ごします。
   7:00ジャストに登山口出発です。

b0277008_13283433.jpg


   前回と違って、ルートもほぼ理解しているので快調に歩を進めて行きます。
   災害の影響で、沢も崩壊状態、浮石に注意しながら進みます。

b0277008_13292017.jpg



b0277008_84950.jpg


   15分程進むと残雪が見えてきました。

b0277008_85423.jpg


   ここで、第一福寿草発見です。
   沢の左側にはちらほら開花した福寿草も見えますが、保護のロープに先にあるので
   これ以上は接近できません。
   3月には、斜面に福寿草の絨毯が見れるそうです。

b0277008_13295784.jpg


   60分ほど歩くと、山頂との分岐に到着。
   先ずは山頂へ向かいます。

b0277008_13302338.jpg


   ブログで見ていた風穴です。
   手をかざすと、暖かい風ですね。
   遭難したら1日位は過ごせそうだと密かに思いました。

b0277008_883793.jpg


   朝日が差し込んできました。
   霧氷は無いようです。

b0277008_895661.jpg


   稜線に出ましたが風がかなり吹いていました。

b0277008_8102983.jpg


   この日一番乗りの山頂へ到着。
   証拠の写真を1枚。
   霞んでいますが、市房山や白髪岳が見えます。
   条件が良ければ360度の大パノラマが見れそうですね。
   直ぐに、お待ちかねの福寿草散策へ向かいます。

b0277008_811146.jpg


   仏石の所で早速、福寿草にご挨拶。
   まだ、時期が早いのか数は少ないようです。

b0277008_8133257.jpg


   この日、唯一撮影させてくれた鳥さん(ヤマガラさん)です。
   福寿草とのコラボを期待してしばらく粘りましたが、残念な結果となりました。

b0277008_8154363.jpg


   第二登山口の群生へ向かうと、待ってましたと言わんばかりの
   群生と出逢うことが出来ました。
   ここで、1時間位写真を撮りまくりです。
   黄金色に輝いていました。

b0277008_8165894.jpg


   この日一番の美人さんかな?
b0277008_819073.jpg



b0277008_819866.jpg


   福寿草を堪能した後は、第二登山口へ向かいます。
   登山口で男性の二人組の方と30分位談笑。
   この辺りの山についての情報を教えて頂きました。
   福寿草の群生地についてもこっそり教えて頂き、来年の楽しみが増えました。

   第二登山口から第一登山口まで林道を歩いて行きます。
   予定では1時間以上はかかるよと聞いてましたが、下り坂と言うこともあり
   35分で第一登山口元井谷まで無事帰ってきました。

b0277008_821110.jpg


   先週の反省を踏まえて、今回は目的の福寿草鑑賞が出来、素晴らしい山行となりました。
   途中でkabutoさんにお電話して、岩宇土山の状況を伺い、kabutoさんも福寿草を堪能しながら
   昼食を摂られているとのこと、素晴らしい熊本の山々に感謝の一日となりました。

  娘は、バイトの為同行はできませんでしたが、帰宅後ニコニコしながら写真を見ていました。
[PR]
by kyuujitunituki | 2015-02-16 08:36 | 南九州の山々

リベンジ 韓国岳!

   9月14日は私の誕生日

   そして、40代最後の1年が始まりました。
   と言うことで、韓国岳のご来光を見たいので
   出発までは天気予報とにらめっこ。
   午前0時に出発
   3:00前には到着したのでひと眠り

   4:00に登山口出発
   オリオン座も久しぶりに輝いていました。
b0277008_130398.jpg

   山頂に着くと先客がお一人
   その方は後でご紹介
   撮影の準備をして日の出を待ちます。
   東の空には雲がかかりご来光が見れるか心配です。
   雲の切れ間が赤く染められてきます。
b0277008_15562683.jpg

   ご来光の方にだけ雲が
   恨めしい
b0277008_15575612.jpg

   何とかご来光を見ることができました。
b0277008_155859.jpg

   躍動する雲の流れ
b0277008_15595371.jpg


b0277008_160261.jpg

   高千穂の峰と新燃岳の方は厚い雲に覆われて
   幻想的な風景は今回は残念な結果になりました。
   左奥の少しこんもりした雲の所が高千穂の峰、
   手前が新燃岳です。
b0277008_1601725.jpg

   秋の空ですね。
b0277008_1602750.jpg

   大浪の池
b0277008_1611168.jpg

   下山道から硫黄山方向
b0277008_1613198.jpg

   山頂に咲いていた
   ウチワダイモンジソウ
b0277008_1635571.jpg

   キリシマアザミ
b0277008_1644434.jpg


b0277008_1651960.jpg


b0277008_1653273.jpg


b0277008_1654655.jpg


b0277008_165594.jpg


b0277008_1661011.jpg


b0277008_1662180.jpg


   実は、ご来光よりぜひお会いしたかった
   kirishimaさん(山頂で先人のかたです)
   写真はNGなので
   霧島の主(あるじ)と言われる方で有名です。
   昨年初めて登った時にお会いしたのが初めてで
   今回が1年ぶりの2回目。
   写真も素晴らしいものを撮られます。
   もくもくと写真を撮った後に
   山頂で1時間ほどいろいろな話を聞かせて頂きました。
   貴重な時間をありがとうございました。

   お昼には無事帰宅して、道具の整理をしました。
   kirishimaさんと山頂で充実した時間を過ごせて
   素晴らしい49歳の始まりとなりました。

   韓国岳に感謝です。
[PR]
by kyuujitunituki | 2014-09-15 16:20 | 南九州の山々

天気は いつ 戻るの!

   今朝、こちら福岡は大雨
   いつになったら気持ちのいい朝を迎えられるのだろう
   朝焼けと御来光が懐かしくなりました。

b0277008_13134216.jpg


   そろそろ、晴れてくれ~。
[PR]
by kyuujitunituki | 2014-08-22 13:16 | 南九州の山々

えびの高原 池めぐり!

   韓国岳下山後、少し休んで御池めぐりコースへ
   約2時間程度のお散歩コースで癒されてきました。

   不動池
   湖面のコバルトブルーが印象的でした。
b0277008_10512670.jpg

   六観音池
b0277008_10515634.jpg

   白紫池
   白鳥山山頂まで足を延ばして帰路に向かいます。
b0277008_10521997.jpg

   緑が映える林道をゆっくり歩いて行きます。
   癒されますね。
b0277008_10535100.jpg


b0277008_1054059.jpg

   先ほどまで登っていた韓国岳
   天気も回復して多くの方が登られていました。
b0277008_10534511.jpg

   名も知らぬ、キノコ
b0277008_10551326.jpg


b0277008_1055371.jpg


b0277008_10552830.jpg


b0277008_10553446.jpg


b0277008_10554070.jpg


b0277008_10554745.jpg

   野生のシカと遭遇
   お互い藪越しに顔を見合わせていました。
b0277008_10555458.jpg

   アサギマダラが多く飛び交っていました。
   ようやく願いが通じたのか、どうぞ撮って下さいと
   止まってくれました。
b0277008_10571852.jpg


   韓国岳の目的は達成できませんでしたが、
   一年ぶりのえびの高原で癒されて帰ってきました。

   来月は、娘と行ければと思っています。
   天気と休みが合わないと難しいですが、
   娘にもご来光を見せてあげたいと思っています。

   次回は、15日に九重へお花鑑賞に行きましたので
   そちらのアップになります。

       お楽しみに!
[PR]
by kyuujitunituki | 2014-08-18 11:06 | 南九州の山々
   8月13日 宮崎県と鹿児島県の県境にある
   韓国岳(からくにだけ)に行ってきました。
   9月に娘と予定している山で2回目の山登りとなりました。
   硫黄山登山口から約50分で山頂到着。
   祖母山方向では雷が光っていました。
   また、桜島が噴火する直前、雷の様に光っていたのが印象的でした。

   御来光を待ちますが、雲がかかりかなり厳しい天気となりました。
   少しずつ、東の空が明るくなってきました。
b0277008_936548.jpg

   北東方向は朝焼けと雲海のコラボで
   かなり幻想的な風景となりました。
b0277008_940797.jpg

   御来光は望めませんでしたが
   雲の切れ間から、光芒が差し込んできました。
b0277008_9414483.jpg

   高千穂の峰に絹のベール。
   そこに、光芒が差し込んで、神秘的な風景が現れました。
b0277008_9424674.jpg

   桜島と錦江湾の雲海
   時折、噴火しているようです。
b0277008_9442191.jpg

   御鉢の中に池が出来ていました。
b0277008_9474887.jpg

   高千穂の峰と新燃岳をバックに記念に一枚。
b0277008_949386.png

   しばらく待ちましたが、これ以上の眺望は望めそうにないので下山
   中腹よりのビジターセンター
b0277008_9491461.jpg

   こちらが、一合目登山口です。
b0277008_9503268.jpg

   硫黄山登山口へ
   8:10には下山
b0277008_9515418.jpg

   この日、韓国岳で出会った花たち
   名前は調べてアップします。
b0277008_952382.jpg


b0277008_9524599.jpg


b0277008_9525491.jpg


b0277008_953290.jpg


   8:10分には下山して、おにぎりを頂いて
   この後、御池巡りへと向かいました。
 
   まだまだ、続きます。
[PR]
by kyuujitunituki | 2014-08-18 09:59 | 南九州の山々
   8月13日 予定よりひと月早い韓国岳登山に行ってきました。
   目的は、神々が鎮座する山と御来光と雲海
   でしたが、ご来光は生憎望めず
   惨敗して帰ってきました。

   高千穂の峰にガスがかかり光芒がガスに当って
   神秘的な風景と出会えました。
b0277008_17344743.jpg


   続きは、お盆明けにアップします。

   余り、お楽しみにしないでね。!!
[PR]
by kyuujitunituki | 2014-08-14 17:39 | 南九州の山々