休日登山日記

kyuujitun.exblog.jp

九州の山々

ブログトップ

古処山 貴方に会いたくて!

   8月31日 今日は近くにある古処山へ
   標高は860mと低山ですが、花好きには楽しい山なのです。
   25分で登山口に到着
   早くも先人の方が2組いらっしゃいました。
   準備運動をして今日は5合目からの山登りです。
b0277008_12452010.jpg

   直ぐに紅葉谷コースへ
   かなりの急登、木漏れ日から朝日が差し込んできます。
b0277008_12484119.jpg

   そして、特別天然記念物の「ツゲの原始林」
   目的のカメムシに会えるかなと期待が膨らみます。
b0277008_12494893.jpg


b0277008_125056100.jpg

   逢えなかった時の為の保険の蝉の抜け殻
b0277008_12513632.jpg

   原始林の中をひたすら進んでいきますが早朝なので
   やはり無理かなと諦めかけていた時です。
   姿を表してくれました。
   準・絶滅危惧種の「ニシキキンカメムシ」おそらく2齢目か3齢目の個体の様です。
   個体によって模様も変化していきます。5齢目で成虫です。
   この時期にはツゲの葉しか食べないので国内でも
   生息ヶ所も限られているようです。
b0277008_12514348.jpg

   玉虫の様なこの時期のが一番好きですね。
   風で枝が揺れてうまく撮れませんでした。
b0277008_12515029.jpg

   トリミングしてます。
b0277008_12515838.png

   古処山と屏山との分岐
   先ずは、屏山へ向かいます。
b0277008_12572193.jpg

   ガスがかかりミストの中に朝日が差し込み
   幻想的な風景が現れます。
b0277008_12581139.jpg

   少し左に折れて山頂へ
   
b0277008_1258357.jpg

   屏山と言われる所以でしょうか?
   屏風のような岩が並んでいます。
   苔が良い味出してますね。
b0277008_130218.jpg

   屏山 山頂。926.6mの山頂です。
   今日はガスがかかり下界の様子は見れません。
b0277008_1313397.jpg

   キノコ①
b0277008_1331249.jpg

   キノコ② 小さな枯れ枝に小さなキノコ
b0277008_135652.jpg

   キノコと地球外生物?
   ヒルの様な生き物、左側が先端の様です。
   触手を延ばしながら進んでいました。
   かなりグロテスクですよ。
b0277008_1353541.jpg

   マムシグサの実
b0277008_1354484.jpg

   シギンカラマツ
b0277008_1365953.jpg

   線香花火みたいな花です。
b0277008_1373240.jpg

   ナツエビネ
   この花を撮影中、綺麗なお姉さんにいきなり「大丈夫ですか」と
   声を掛けられました。おそらく気分が悪くなっているのかと
   思われたようです。相当ひどい恰好で撮っていたんだろうと
   恥ずかしくなりました。
   具合が悪い振りした方が良かったかも?
b0277008_1374459.jpg

   一輪のみのアップ
b0277008_1310533.jpg

   ヤブラン
   sazankaさんありがとうございます
b0277008_13122265.jpg

   ?
b0277008_13123174.jpg

   キンミズヒキ
b0277008_13121746.jpg

   コバノボタンヅル
   yokoさんありがとう
b0277008_1538843.jpg

   イヌトウバナ?
b0277008_1313745.jpg

   オオキツネノカミソリ
   唯一この日見れた一輪
   7月末から8月初めにはかなりの群生が見れたようです。
b0277008_13134653.jpg

   ヒメナミキ?
b0277008_13144272.jpg


b0277008_13155056.jpg

   お昼に、下山。
b0277008_13161038.jpg


   近場の山にも素敵な山があることを再認識しました。
   オオキツネノカミソリの一大群生地であることも、
   再認識。古処山は私が思っていたよりも素晴らしい花の山ですね。
   この日山頂では、見晴は0でしたが、20名以上の方で埋め尽くされていました。
   やはり、登山ブームの影響でしょうか?
   10月にも一度運びたい山になりました。
[PR]
Commented by yukki6727 at 2014-09-01 15:58
kyuujitunitukiさん こんにちは♪

古処山、素敵な山ですね~♪
私も気に入りました~(笑
生憎のお天気のようでしたが、雰囲気があっていいお山ですね

ミストに朝日が差し込んだ写真と
屏風のような岩が並んだ写真好きですぅ~♡

もののけが出そうな感じもしますが、
kyuujitunitukiさんの優しさが伝わる写真で
とっても素敵です♪ 

万が一もののけが出ても、会ってみたいような可愛いやつっぽいですね 
それがニシキキンカメムシだったのかな?(笑
Commented by miwa-art-life at 2014-09-01 16:17
こんにちは~
低山なのに、ほんとーーーに素敵な山ですね!
花々もニシキキンカメムシも、ガスがかかった光景も、神様が工作楽しんだような屏風岩も。
こんな、見どころ満載の山が近くにあるなんて羨ましいかぎりです!
Commented by sazanka2011 at 2014-09-01 22:28
こんばんは
古処山、登山の様子を楽しませていただきました。
ツゲの原生林があるなんて、興味深く拝見しました。
学生時代に、萩を訪れたとき、藪椿の原生林へ自転車で先輩と一緒にいきましたが、感動した思い出があります。
登山でいろんな発見があると本当に楽しいですね。

ナツエビネの次の花はヤブランというお花ではありませんか。
秋の始まりに庭先で見かけます。

最初カメムシに会いたくて・・・と読んでびっくりしましたが、臭くない、色が芸術的な色のカメムシなんですね。
マクロレンズで撮影したら、面白そうです。^^/

Commented by takaayanoyamatabi at 2014-09-02 21:57
こんばんは。
blogへのコメント、ありがとうございました!
古処山は初めて知りました。たくさんのお花が咲いているんですね。素敵です。kyuujitunitukiさんのおっしゃる通り、近場にも素敵な山はあるもんですね。
わたしも今度地元に戻ったら、是非登ってみたいです!
Commented by iris304 at 2014-09-03 07:39
おはようございます。

ツゲの原生林 ヒンヤリとした空気が伝わってくるようです。
ガスが出て幻想的だったり、苔が豊かに青々としていて
近くにこんな山があっていいですね。
登る度に新しい発見が有るのでしょう〜
苔蒸した屏風の様な岩 いい感じですね。

豊富な山の花を見る事が出来て 
楽しい山歩き、これからも叉 ご紹介下さいね。
Commented at 2014-09-03 11:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jinashi at 2014-09-03 21:02 x
古処山ではこの時期、ナツエビネが存在感を見せているのですね。じなしは2009年7月にキャンプ場から周回しましたが天気もイマイチであまり記憶にないのです。天気の日にもう一度屏山も併せて登ってみたい山です。 
Commented by hogecyan at 2014-09-03 21:45
すっごい色の玉虫ですね。。。
初めて見ました^^
Commented by son_ryumei at 2014-09-04 08:15
おはようございます。
今日も天気がおもわしくありません。
10枚目の作品はすばらしいですね。
目に見えても写真となると写りこまないんですよ。(good job)

マムシグサの実って秋から冬にかけて赤く色づきますよね。
ザクロのようで、とうもろこしのようでかぶりつきたい衝動に駆られます。しかし、食べたらとんでもないことになるそうな。
ゲテモノ好きな私は何でも口にするが、これだけはごめん被りたい。
Commented by yuri-ko20 at 2017-08-31 23:55
今晩は!有り難うございます 5合目は上の登山口ですね
5年前鳥居をくぐって登りました
今回の目的はニシキキンカメムシとレイジンソウです
下の登山口から5分でレイジンソウの群落が有ると聞いています
探せるか楽しみ、6日に予定しています
登山道も大丈夫そうで安心しました
どんなお花に会えるか楽しみにお邪魔します
Commented by kyuujitunituki at 2017-09-01 07:30
> yuri様、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

6日は平日なのでご案内は出来ませんが、楽しまれて下さね。
レイジンソウもありますしアケボノソウの群生も沢沿いにありますので
少しは開花しているかもしれませんね。
カメムシさんとアケボノソウは山頂近くの馬攻めの所で楽しめるかもですね。
カメムシさんは日当たりの良い若葉の所で見れるかもしれません。
では、良い山行になりますように!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kyuujitunituki | 2014-09-01 13:31 | その他の山々 | Comments(11)